カードローン

事業者カードローンとはなんなのか説明しましょう。一般のカードローンは使い道自由なフリーローンです。1つの目的を除いて、どの様な目的でも利用できるのです。

その1つとは、個人のカードローンは事業用の資金としては利用できません。
利用規約の中に「事業資金は除く」と記載されているはずです。
しかし、事業者だって運転資金は必要で、いつ何時キャッシュが必要になるか分かりません。
売り上げの回収が遅れたら、その分運転資金が厳しくなります。
その回収に取引先から現金ではなく手形を貰った場合は、その手形が資金化されるまでは、いくら手形を貰っても資金として使うことはできないのです。
その場合は手形割引がありますが、その時にタイムリーに使える事業資金を融通できる手段があると、商売上大変便利です。
そのようなこともあって、事業者には専門のカードローンがあります。
「事業者カードローン」と言われるもので、銀行はもちろん貸金業者によるものもあります。
その特徴は、金利がかなり低めに設定されていることと、商売で利用する資金なので限度額が大きいという点です。
利用は個人のカードと同じ使い方ですが、金額が大きい場合はコンビニATMは無理でしょう。
電話やネットでの利用と言うことになります。
その種類としては、無担保型、有担保型、保証人型、信用保証協会の保証付きです。
無担保型のカードは、商売の大きさもありますが、限度額は希望額に満たないケースが多いのではないでしょうか。
それに金利も無担保と言うことで高めに設定されます。
しかしそれによって急場をしのぐ事が出来るということであれば、無担保と言うことでメリットは大きいと思います。
有担保型は土地などの不動産に抵当権を設定した融資です。
事業を行っている方は、直接株式や社債を発行できる大企業は別ですが、大体がメーンバンクを持っています。
そこに、不動産に根抵当と言う抵当を付けて、限度額を設定して融資枠を確保しています。
それをカードのしたものと解釈しても良いと思います。
保証人型は、保証人となりうる収入や財産を持っていることが条件です。
一般的に、法人組織の場合、その代表者が保証人になるケースが多いと思います。
信用保証協会と言って半官半民の組織があります。
各県に一つは必ずあり、融資の保証をする役目です。
単純に保証会社と思えばいいのではないでしょうか。
多分商売をしていて、これを知らない人はいないと思います。
一般的に、銀行に行って融資を申し込む場合、銀行の方からその保証協会に話が行くケースが多いと思いますが、融資をしてもらう本人が保証協会の窓口に行っても親切に対応してくれるはずです。
個々の保証が付いたらまず金融機関は融資を断りません。
なぜなら、その融資は債務者本人か保証協会かは別として確実に返済されるからです。
事業をしていると、資金は血液と言われています。
その流れが悪くなると、人の体と同じで事業がうまくいかなくなります。
事業を行っている方は、このローンを上手に利用していただきたいものです。